小市民の声「置き場」

わたくし、世界的小市民ピエール八木澤が、大市民になるために小市民発言はリアルでは控えます。しかし、それはそれでストレスが溜まるため、こちらに吐き出します。典型的な雑記ブログです。

ラーメン屋におけるノーマル至上主義という名の保守的メニュー選択。

天下一品、来来亭、ラーメン横綱、魁力屋。京都(来来亭は滋賀)発症の京都ラーメンチェーン。

 
自分にとって「餃子の王将を含めたこれら京都ジャンクチェーンはソウルフードと呼べるものです。
 
 
特に、2002年ごろに京都で初めて食べた「来来亭」は時にお気に入りになり、食ってすぐに公式HPから「王将や横綱みたいに関東にも出店してください」メールを送ったほど。
その時は「うちはまだそんなレベルじゃないです」的な返信を頂いたのだけど、いつの間にか首都圏にも進出し、千葉から広がらない横綱、2005年に開店し、数年前から首都圏に進出してきた来来亭とそっくりな魁力屋も含めて、月に2度ほどは頂いております。

 

 
私の場合、ノーマル至上主義というか、
35年以上前から食っているラーメン横綱も、豚骨醤油[などとあえて名乗らなくても]一本だったが今では味噌や魚介と増えているが「ラーメン」以外頼む気にならない。
初めて食って25年以上経っているけど未だに天下一品の「あっさり」「味がさね」を食べたことがない。こってり以外注文できない。
 
来来亭も魁力屋も、当初は醤油一本だったと思うけど、塩や味噌などスープが多種多様にあるけども、こちらも当然「普通のラーメン」しか頼まない。
 
 
そんな保守的なのか頑固なのか分からない私ですが、本日遂に殻を破るべく「来来亭史上初の別メニュー」を注文しました。
 
旨辛麺!!
 

f:id:dfk:20170315195036j:plain

 
辛さを聞かれたのでよくわからないがレベル3を注文。
辛さを和らげるために必要なライスも当然。。。。
 
スープを啜るとそれほどでもない。しかし時折咳き込みそうな感じもある。
 
すすって咳き込んだら辛味成分が鼻に入り死ぬことは間違いない。
 
というわけで咳き込みそうになったらやめるという緊張感漂う昼食となりました。
 
個人的には、やっぱりノーマルが一番。
 
いつものように「ラーメン大盛り、麺硬め、ネギ山盛りで」と注文して頂きたいものです。
 
 

f:id:dfk:20170315195226j:plain

言わずと知れた「天下一品のこってり」

 

 

 

f:id:dfk:20170315195255j:plain

 

大好きな来来亭。背脂多めで頼むと幸せですが即、黒烏龍茶モーニングアフターピルのように頂きます。

 

f:id:dfk:20170315195335j:plain

魁力屋もよく行きます。ここ数年で首都圏にも店舗が増えました。ネギは山盛り