小市民の声「置き場」

わたくし、世界的小市民ピエール八木澤が、大市民になるために小市民発言はリアルでは控えます。しかし、それはそれでストレスが溜まるため、こちらに吐き出します。典型的な雑記ブログです。

ビール腹をなんとかしたいのでランニングを始めた(1ヶ月経過)

私は中年太りのおっさんです。

仕事のストレスを言い訳に毎日飲酒し、帰宅するのが遅いため食べてすぐに寝る。そして昼間は忙しく予算もないので「ラーメン」「牛丼」「うどん」など高カロリーでなものばかり食べていました。

当然、休日は運動することもなく。。。。

その結果、中年太りのおっさんのできあがりです。

 

高校生の体重は177cm64kg。筋肉もないけど脂肪もなかった細身でしたが、就職してから運動量の低下により徐々に増加、いつの間にか70kgを超え、昨年夏以降、公私共にトラブルというか大変なことが続き、それを言い訳に飲酒量とジャンクフード三昧、摂取カロリーも大幅増。

その結果、ついに体重は80オーバーし、J-WAVEの周波数と同じ81.3kgということになりました。

 

失敗した食事制限ダイエット

さすがに自分でもマズイなと思い、色々試そうと思いました。

まずは手っ取り早く食事制限。

仕事中の昼食は連日ラーメン・うどん・牛丼のローテーションでしたが、これを減らしてみました。

低糖質ダイエットですね。

 

朝はパンやごはんを食べずに納豆と味噌汁のみ。またはゆで卵2個など。

昼はコンビニでゆで卵をふたつ買って食べたり、サラダチキンとか。

 

そんな生活を2週間位しましたが、「やってられるか!!」という気になりました。あったかいものが食いたいんですよ。仕事中の昼メシというのはリラックスタイムです。立ち食いそばでも、吉野家でもいいのですが、それが「ゆで卵」だと心が荒んでいきます。。。

多少意識はするが、ラーメンよりうどん、夜遅くに主食を抜く程度。 

その結果、体重は増えることも減ることもなくそのまま。

 

運動したいがやる時間がないという言い訳。

半年前までの私は心に余裕がまったくなく、常に終わらない仕事に追われていました。

本来の出勤時間の2時間前に行って滞っている仕事を少しでも片付けるというのが当たり前。夜もダラダラと遅くまで事務処理をするのでどんどん睡眠時間が削られて・・・・頭が回らず余計に仕事のミスが増えてと悪循環。

完全にメンタルをやられていました。

 

そこで、出社する前に「散歩」をして心を落ち着かせてみようと思いました。幸い自宅の近くには散歩に適した公園があり、少し歩けば多摩川沿いの遊歩道があり、朝早くから多くのランナーやサイクリスト、また犬の散歩をする人がいます。

 

はじめは散歩からスタート

せっかく家の近くにお散歩コースがあるからと、ほんの10分でもいいので、家の近くを歩いてみました。3月の中旬くらいからでした。少し寒い日もありましたがやっぱり気持ちがいい。草木の香り、小鳥の鳴き声などが聞こえることに、その日は、すごくリラックスできました。大げさではなく心が洗われていく、そう感じました。

 

自宅近くの遊歩道は、ランナーやサイクリストが朝からたくさん走っています。もちろんウォーキングをしている人も多いのですが、歩いているのはお年寄りが多く、まだ若いつもりの自分も沢山のランナーに触発されて、もう少し運動してみたくなりました。走るのはちょっと無理だけど、ジャージを着て早歩きで。時間も20分、30分と増えていくと汗ばんできます。4月になると桜が咲き、ますます気持ちよくなりました。朝ウォーキングをしてからシャワーを浴びてスッキリすると、とても充実した午前中が始まるような気分になりました。「早く行って残務を片付けないと・・・」と嫌な気分で30分早く出勤するのと、30分ウォーキングしてから出勤するのでは、1日の充実度が全く違うと感じるようになりました。

 

とても精神の健康に好影響を感じるようになると、ウォーキングが少し進化しました。手をブンブン振って川沿いを大股早足で歩いた後、公園で体操をするようになりました。たまたま家にあった重りを手首につけて体操すると、肩の筋肉が鍛えられる気がします。さらにスクワットなどをすると息も切れ、汗をかくようになりました。

 

ついに、ある日走ってみた

私は悲しいくらい運動神経がありません。子供の頃からスポーツは苦手でした。観るスポーツは好きですが、プレイするのはヘタで悲しくなることも。だから当然走るのも好きではありません。

ウォーキングに慣れ少し物足りなさを感じ始めた6月のある日のこと、2kmほど歩いた後、下り坂だったのでちょっと走ってみました。自宅付近までの1kmくらいですが。すると、なんか気持ちいい!

人生でジョギングしたのは何年ぶりだろうか。仕事で遅れて駅までダッシュとか、そんなのはありましたけど、緑の中を走って汗をかいたあと、シャワー浴びてスッキリすることが、こんなに気持ちがいいのかと実感できました。

 

走り始めて1ヶ月が経って

それから毎朝、せいぜい5kmくらいですが、徐々に距離を伸ばして走っています。梅雨になりましたが雨でも走っています。自分の走行ペースは1kmを5分〜6分くらいです。気持ちはいいのですが、やはり運動不足のおっさんにはとても疲れます。午前中はダルさが残るのはいかがなものかと。だから疲れて仕事に悪影響が出るなら、もう少し距離を伸ばしたいという気持ちにブレーキが掛かりました。

ところが、フェイスブックにこのような記事が流れてきました。

style.nikkei.com

 

みるみる締まる!という見出しにつられてクリックすると、私が求めていたものがありました。

 

心拍数を上げない程度の非常にゆっくりとしたペースで、長い距離を走るランニングのことだ。体重を落としたいマラソンランナーも実際に行うトレーニング法だが、息が切れないので誰でも取り組める。個人差はあるが、初心者なら1km8分以上はかけるべき。会話しながら走れるくらいのペースが目安だ。

 

 脳機能にも好影響がある。「ランニングによって、脳細胞を作り出す引き金となる物質が分泌されることがわかった」(田中氏)。これにより海馬の脳細胞が増えれば、記憶力など認知機能が高まることも期待される。

 

ということ。運動不足のメタボオヤジには最適なトレーニングだと思います。

そうして翌日からキロ8分くらいでゆっくり走ることを意識してみました。息が乱れない、お話できるくらいのペースで、ゆっくり。気持ちは「もう少し早く走りたい」と思うのですが、抑え気味に。

すると驚いたことに全然疲れないのですね。汗はもちろんかきますが、ハアハアゼエゼエいわない。しかし確実に疲労感はあるので、脂肪が燃えている「気はします」。

 

6時に起きて、水を飲んでから遊歩道までストレッチをしながら歩く。そしてキロ7分ペースで8キロくらい走ると1時間です。

音楽を聞きながら走る人も多いですが、私はランニング中に音楽を聞かずに、鳥の声を聞きながら、色々なことを考えるようにしています。頭の中を整理して、今日やるべきことや思いついたことを忘れないように、帰宅してシャワーを浴びて、スッキリとした気分で午前中の仕事に向かう。

この習慣ができました。

 

体重は変化なし。それが少し残念。

毎日体重計に乗っていないので正確ではありませんが、今のところ大きな変化はありません。もう少ししたら基礎代謝が増えて減り始めるのかなと期待していますが、それ以上に「気持ちよさ」「充実感」があるので問題には思っていません。

それより、GWに導入して丸2ヶ月経過した「SIX PAD」の効果も相まって、まるいお腹が凹むことを期待しています。

最近は「夜も走ろう」とか、休日に「朝走ったけどもう一回走ろう」と思えるようになったほど。自分は凝り性なのでウェアやグッズなども導入していきたいです。

自分が買ったもの使っているもの

 SIX PAD Abs Fit

MTG SIXPAD(シックスパッド) Abs Fit(アブズフィット) 2

MTG SIXPAD(シックスパッド) Abs Fit(アブズフィット) 2

 

 自分は新型が出た直後に、知らずに旧型を買ってしまいました。新モデルが圧倒的に良いのは「充電式」ということ。ブルートゥースでアプリと連携できること。旧型はCR2032というボタン電池を使用しますが、1日1回の使用ですと、なんと3日持ちません。自分は1日2回使用しますので2日または1日で電池を交換します。これが非情にストレスです。ですので購入される方は絶対に充電式の新型をおすすめします。

 

 スポーツサングラス

 自分は普段メガネをかけていたのですが、汗をかくと苦痛なので運動するときはコンタクトレンズを使用します。すると眩しい。。。ということでスポーツサングラスっていくらくらいするのだろうとAmazonで検索したら2,000円ほどでセットが売られていたので購入。まあ「安物買いの銭失い」だろうと期待しなかったのですが、全然問題なくて満足しています。もちろん、OAKLEYなど本格的なサングラスを使ったことがないので比較できませんが、自分にはこれでとりあえず十分です。汗止めがあり替えのレンズが複数あり、軽量。ランニングには最適です。

 

スポーツイヤフォン

 ダラダラ走ってたら飽きるだろう。好きな音楽を聞いて走ったら気持ちいいだろうな、そう思って購入しました。しかし記載したように鳥の声を聞きながら走るほうが気持ちいいので使用していません。メルカリに出すか。。。ただ、走っている人の半数以上はイヤフォンしているようです。

 

ランニングポーチ

 いちおう、1時間ほど家を開けるのでスマホを持っていかなければなりません。当初は短パンのポケットに入れていましたが、ウォーキングならともかくランニングでは揺れて苦痛です。自分のスマホは6インチの大型ということもありなおさらですね。というわけでこちらを購入。GPSで走行距離やラップを記録してくれる無料アプリは色々な種類があるので、そちらを使用しています。

 

その他、気に入っているウェアもテンション上がる要素として大きいです。自分はサッカーが好きなので、フットサルごっこをするときに購入したプラシャツやゲームシャツをいくつか持っています(持っているだけで下手なのでプレイしない「コスプレイヤー」と妻に言われていますが)。

 

 UMBRO プラクティスシャツ

 

ランニングを始めたお陰でせっかく購入したプラシャツも使用頻度が上がり嬉しいものです。

 

長くなりましたが、これからも健康のために楽しく走っていきたいものです。