小市民の声置き場。

わたくし、世界的小市民ピエール八木澤が、大市民になるために小市民発言はリアルでは控えます。しかし、それはそれでストレスが溜まるため、こちらに吐き出します。典型的な雑記ブログです。

有酸素マシン1時間走る時に、ガンダムTHE ORIGINを見たらはかどった。

減量のために春から運動・ランニングを始めました。

petite-bourgeoisie.hateblo.jp

petite-bourgeoisie.hateblo.jp

 

ろくに運動もしないおっさんが、一念発起し毎朝出勤前に散歩を始めその後ウォーキング→ジョギングと進化し、走行距離も毎朝3km→5km→8km→10kmと増え続けたところで左足首の痛みが出てきたので中断。トレーナーさんに見てもらった結果、3週間は走ってはダメと言われたのでエニタイムフィットネスに入会しました。

 

たるんだお腹周りの贅肉を消し去り、引き締まったボディにしたいという目的で走り出しましたが、やはり走るだけより筋トレをした方が良いのは明白。フィットネスクラブへ行かずに腕立て伏せや腹筋運動などだけで筋トレをする根性は無いので、ちょうど良いタイミングだったと思います。

筋トレは慣れると楽しくはないね

例えば腰回り、腹筋を鍛えるにしても、マシンを使っての筋トレは、家で腕立てや腹筋をするよりも精神的に苦痛を感じません。ただ、これが週に3回となると徐々に苦痛に感じてきました。それができていれば肥りません。

f:id:dfk:20170724103945j:plain

それに対して私の朝ランコースは多摩川沿いの遊歩道です。暑くても草や川の香り、鳥の声や風などを感じることができます。沢山のランナーやサイクリストとすれ違います。変化があり気持ちが良い。だから必要と思った音楽も聞かず、色々なことを考えたりして走っています。

ところがジムでは、ヘッドフォンでの音楽が必要です。

基本的に色々な雑音があります。他人が走る足音、ダンベルを置く音、などなど。もちろん、大きめのボリュームで音楽も鳴っています。

 

筋トレのあとは有酸素を1時間ほどしています。トレッドミルではなく足踏み+上半身の動きもある「クロストレーナー」。これをひたすらやっています。

60分+5分のクールダウンですが、こちらも慣れてくると暇です。幸いTVがついているので朝のニュースを見たりもしていましたが、なんだかんだ「え、まだ10分しか経ってない?」「まだ半分も行ってないのか」「あと20分か」と思うほど。

65分たって終了すると汗だくですので充実感はありますが、やはり外を1時間走ることと比べると苦痛です。楽しさは少ない。

 

Amazonプライムビデオを見ていない。

自分はプライム会員になって2年ほどですが、洋邦新旧問わず、見たいと思う映画は山ほどあります。さらにオリジナル作品や、小学生の頃に見たアニメ「銀河漂流バイファム」「太陽の牙ダグラム」「装甲騎兵ボトムズ」など、配信されているのを知ったときは嬉しくなりました。

 

しかし、自宅で映画を見るのが苦手、というか集中力がないのか、リビングで映画を観ることができたのは1年に3本くらいです。きちんと映画館に行くか、強制的に暇つぶしの状態でないと映画を観ることができません。

 

 

ファーストガンダム世代ですので前から興味を持っていた「THE ORIGIN」も、見たいと思っていましたが自宅ではなかなか見ることができませんでした(5分ほど見てやめた)。

今回、退屈なクロストレーナーの最中にちょうど1時間ほどの作品を見ることができたのでとても満足です!!

やめていた24などの海外ドラマもまた観ようかなと思うようになりました。